忍者ブログ
日本ボーイスカウト大阪連盟 吹田第9団 50周年を記念してNewブログを公開しました
最新コメント
[11/30 kazubo]
[11/15 名無しの権兵衛]
[01/06 管理者]
[01/05 北九州第3団 東]
[08/25 かず坊]
プロフィール
HN:
ボーイスカウト吹田第9団:利齋俊彦
性別:
男性
趣味:
スカウト活動!
自己紹介:
このWeb内容掲載責任者
氏名:利齋俊彦

所属:日本ボーイスカウト大阪連盟
吹田第9団
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



9月度ローバー会議を9月17日(金)に行いました。
会議と言っても飲み会です。

最近、ブログに載せられてしまうということをみんな警戒?しています。
そうだよ!発信する9団ローバー隊だから出すよ~!!!
てなわけで、覚悟してください(笑)

さて今回・・・・
新年度名簿、事業計画、事業報告を配布しました。
また10月に行われる吹田地区ボーイスカウト講習会やハワイレインボーキャンプの指導者としての参加について話し合いました。

15NJに副長補として参加した野島君はみんなにお土産をくれました。
チーフリングです。ありがとう。

今回、飲んだくれて話題になったのは「命」。
最近話題のハーバード大学のマイケル・サンデル教授の「justice」ではありませんが、答えの出ない話をしました。
アドバイザーの利齋がウッドバッジ研修所ローバー課程で、うずらをしめて調理をした話。
それを研修所時点でするかどうかは別問題ですが、ニワトリなど生きているものを目の前でしめるかどうかの意義について議論となりました。
農学部は生と死については経験をもって感じるのが必要。
一方、必要に迫らなければ見せても無意味という意見。
豚を育てて食べるかどうか児童に考えさせた学校の話。
私が子どもの頃、シニア隊(現ベンチャー隊)が雪中キャンプでウサギを持って行って食べた話。
ちかいやおきてにまで波及し、また教育学の観点からの話にもなり、なかなか興味深く聞きました。
私が思う以上に若者は真剣。アドバイザーとして彼らの力強さを感じました。

彼らが後輩たちを率いて、ローバー活動を軌道に乗せてくれたら、私は必要ないんだなあという思いにもなりました。期待しているよ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
いいね!いいね
ローバーはこれができるからいいよね!
飲みながらの意見交換。。。

いつか参加したいものです

------------------
のん兵衛の9団OB
Kazubo 2010/09/18(Sat)18:35:25 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]